blog top Category Archive All title Search RSS Admin
カテゴリー
最近の記事
人気ハンター記事

ブログパーツ

歴代ハンター数

当ブログについて

当ブログは世界中の共有動画サイト等から、管理人【ハント】が独断と偏見により探してきた動画を日々アップするブログです。

相互リンク・RSS等をして下さるブログ・サイト様はお気軽にメールにてご連絡下さい。
ちなみに当ブログのリンクはフリーでございます。

また、当ブログの動画は全ての責任をUPLOADした本人が負い、また著作類に関わる権利・責任もUPLOADした本人にあります。よって、当ブログは動画に関する一切の責任を負う事はできません。そして、著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。
※動画によってはリンクが剥がれていたり、再生できなくなってしまってるものが存在してくる可能性がございます。 何卒ご了承下さい。

RSS・SEO等


この日記のはてなブックマーク数
人気ブログランキング - 動画ハンターEXtrack feed

Bloglinesで閲読登録
お笑い神業音楽18禁アダルト
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト [------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
□無料動画ランキングへGO!
□人気エンタメランキングへGO!
--------(--) --:-- スポンサー広告
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • はてなブックマークに登録 | TOPへ
    ■Van Halen■Jump [20070129]
    ■Van Halen■Jump
    誰もが知っている名曲!
    そして、未だにカヴァーされ生き続けてる曲!
    めちゃくちゃカッコ良いですよね!
    □無料動画ランキングへGO!
    □人気エンタメランキングへGO!

    [Van Halen]
    ヴァン・ヘイレン (Van Halen) は、アメリカのロックバンド。また、ギタリストのエドワード・ヴァン・ヘイレンは、「ライトハンド奏法」を広く普及させた人物としても有名である。

    [ライトハンド奏法]
    エドワード・ヴァン・ヘイレン登場当時はいわゆる「ライトハンド奏法」として華々しくギター雑誌等で紹介されたので、「ライトハンド奏法」はヴァン・ヘイレン(Van Halen)のエドワード・ヴァン・ヘイレン(Edward Van Halen)が作った奏法という説が広く流布してしまっているが、それ以前にジェネシス(Genesis)のスティーヴ・ハケット(Steve Hackett)が既にタッピングによる奏法を行っていたし、クイーン(Queen)のブライアン・メイ(Brian May)も右手でハーモニクス・ポイントに触れて倍音を出すタッチ・ハーモニクス奏法と併せて行なっていたり(ブライアン・メイの場合、年代、交友関係から考えてスティーブ・ハケットが右手も使っているのを見て参考にしたものと思われる。)、ゴング(Gong)時代からアラン・ホールズワース(Allan Holdsworth)も行なっていた。またJAZZギターではタッチと呼ばれて比較的よく使われる技法でもあった。エレクトリック・ベースにおいても、ビリー・シーンはタラスに在籍していた時代から既に行っていた。エドワード・ヴァン・ヘイレンはアラン・ホールズワースのフォロワーであったし、時期的にもスティーヴ・ハケット、ブライアン・メイ、アラン・ホールズワースが音楽活動をし始めたのが多少前後はあるが1970年代初頭、ヴァン・ヘイレンがデビューするのが1970年代中盤であるので、アラン・ホールズワースからインスパイアされたものをエドワード・ヴァン・ヘイレンがロック的で派手な奏法として徹底的に進化させたのだと考えるのが妥当であろう。その中には、タッピングを大きくフィーチャーし、一つの楽曲内でより連続した音符や音階で演奏、間奏において長時間行った、その奏法の為の楽曲も作り上げたという意味合いはある。1970年代に於いて、ロックギタリストに対するより派手な印象を、聴く者に与えたなどの功績はあったといえる。
    左手とともに右手も押弦に使用することは誰でも思い付き得ることで、以前に誰かが思い付いて実行していたと考えてもよい。ライトハンド奏法が独立した奏法として扱われるに至った理由はいくつか考えられる。主なものは弦の太さとディストーション・サウンドの普及である。
    エレクトリックギターに於いてはライトゲージと呼ばれる細めの弦が好んで用いられる。ジミー・ヘンドリックス、エリック・クラプトン登場以来ロック・ギターに於いてはチョーキングを多用するのが当たり前となったことで、よりチョーキングのしやすい細い弦が好まれるようになっていたのだと考えられる。実際、今でもチョーキングをあまりしないオーソドックスなジャズ・ミュージシャンの多くは太いゲージの弦を使っている。これは、歪ませないギター・サウンドに於いてはその方がコードバッキングの際にリッチなサウンドになるからである。一方、フォークギターやクラシックギターは太い弦を用いるのが普通であり、特にフォークギターは張力も強いため、指板上で指を叩き付ける程度の力では大きな音を出しにくい。
    また同じくジミー・ヘンドリックス、エリック・クラプトンらによって「ロック・ギター=ディストーション・サウンド」という定式が確立された事も影響していると思われる。強く歪ませると小さな音でも拾われやすいため、ピッキングとハンマリング・プリングの音量差が出にくくなり、奏法として使いやすくなる。
    ただ改めて記すると、エドワード・ヴァン・ヘイレン以前のものは、明らかに「ピッキングによるハッキリしたアタック音を避けて柔らかい、または優しい音色を出したい意図」で用いられていたのが殆どだった(唯一の例外と云って良いのがスティーヴ・ハケットで、彼のものはその後のシンセ・サウンドを先取りしていたと言える自然界には存在しない特殊音的アプローチであった)。これを「より攻撃的」で「より現代的」な音色提示手法として、またステージ・パフォーマンスの栄える(ロック的)奏法として強くアピールした用い方をしたのはエドワード・ヴァン・ヘイレンが元祖であると特筆しておくべきであろう。また、音楽シンセサイザーの登場に拠り、輪郭のクッキリしたリリース音の長い持続性のある音色が「斬新なサウンド」と受け取られる時代であった事も「ライトハンド奏法」の成立に大きく寄与しているものと考えられる。
    なお、左利きの奏者が(楽器を右利き用とは逆に構えて)行う際に半ば冗談で「レフトハンド奏法」と称されることがあるが、奏法としては同じものである。
    スポンサーサイト
    2007-01-29(Mon) 16:34 音楽動画 | この動画に一言(0)
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • はてなブックマークに登録 | TOPへ

    管理者にだけ表示を許可する


    copyright © 2005 動画ハンターEX all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    逆ハンターサイト様

    ブログパーツ

    リンク

    ハンター達のコメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。